ブリスベンでバスキング!Part3

こんにちは!
今日はエイプリルフールですね。
オーストラリアはイースターデーという祝日のため、3月30日(金)~4月2日(月)で4連休です。
イースターフライデー(金曜日)に街へ行きましたが、人も少なくほとんどのお店が閉まっていたので帰ってきました。

私は2月にクイーンストリートモールのバスキングライセンスを取得しました。
地元のマジシャンと3人交代でバスキングを行っている(というより見習っている)のですが

とにかく難しい。

IMG_20180322_133931.jpg
観客はぼちぼち集まってくれるのですが、投げ銭は数ドル。(それでも嬉しい)
現実は甘くありませんね。自分の実力不足を実感し、研究しています。

彼ら曰、ブリスベンでのバスキングは難しいとのことです。
今回の記事では、なぜブリスベンでのバスキングは難しいのかを考察してみました。

バスキングスタイルの違い


バスキングと一口に言っても、様々なスタイルがあります。
私がこれまでに見た種類を紹介すると、

●観客を周囲に集めてショーを行うスタイル
ジャグリングやマジックを使った大道芸のイメージ。
道や広場の中央など、広い場所で行われます。
最初はたった1,2人の見物人が、バスカーの話術・トリックによって次第に観客が集まり、最終的には大きな人だかりが出来上がります。
基本的に投げ銭はショーが終わるタイミングの1回のみ。そのため、観客が最大に集まった時にショーを終える必要があります。
IMG_20180323_145327.jpg
沢山の観客を集めているマジシャンのジェイソン

●常駐してパフォーマンスをするスタイル
歌や楽器の演奏、スタチューなどのイメージ。
一度に稼ぐのではなく、投げ銭箱を設置し、通行人が投げ銭を入れてくれます。
常にパフォーマンスをし続けなくてはいけないため、「あの人、1日中ずっと演奏してる」なんてことも良くあります。
道や広場の中央というより、路肩や壁際などの背景がある場所で行っていることが多い気がします。

●アートを販売するスタイル
道端で絵や書道、バルーンアートなどの、物を販売するイメージ。
バスキングの情報を検索していると、このスタイルでバスキングを行っている日本人の記事を良く見かけます。
特に、漢字は外国人から大人気のようで、書道のバスキングは稼げるそうです。

●自らパフォーマンスしに行くスタイル
ベンチに座っている人、バーで飲んでいる人などに直接話しかけていくスタイル。
マジックや操り人形などのスタイルを見たことがあります。
投げ銭を頂けそうな人を見つけてコミュニケーションを取る能力が必要ですね。

●横断歩道上でパフォーマンスをするスタイル
生で見たことはありませんが、南米のジャグラーが良く行っているスタイルです。
ブリスベンで出会ったコロンビア出身のジャグラーは、このスタイルでバスキングを行っていたそうです。
赤信号になったら横断歩道上に現れ、短時間でパフォーマンスをし、停車中の車へチップをもらいに行きます。
制限時間が短いだけに、完成度が求められます。

他にもバスキングの形は色々あると思いますが、思いつくものを挙げてみました。

ブリスベンのバスキングスタイル


常駐してパフォーマンスをするスタイルアートを販売するスタイルは多いです。
しかし、その他のスタイルのバスカーは殆ど見かけません。
今現在、観客を周囲に集めてショーを行うスタイルは、私を含めて3人しかいないようです。

昔は他にもバスカーがいたそうですが、皆メルボルンなどへ移動してしまったそうです。
なぜこのスタイルのバスカーが少ないのか、原因を考えてみると

・音響の使用が禁止(クイーンストリートモール)
・メインストリートの幅が狭い
・メインストリートが坂(ブリスベンは坂が多い。単純にパフォーマンスしにくい)
・午後4時を過ぎると、疲れている人ばかりになる(観光客よりビジネスマンが多い)


などの理由が考えられました。


私の目標


人を集めるためには、視覚だけでなく聴覚でも呼びかける必要があります。
音響が使えない場所では、自分の声(or 何かを叩く)しかありません。

一緒にバスキングをしているマジシャンのパフォーマンスを見ていると、とにかく喋ります。そしてウケます。
何を言っているのか良く分からないのですが、何かジョーク的なことを言っているようです。
彼らはこの環境下でも人を沢山集め感動させ、投げ銭を貰っておりプロフェッショナルを感じました。

いざ私もバスキングをやってみると、「Clap your hands!」とか「Come on! Watch me!」くらいしか言葉が出てこず、圧倒的語彙力の不足に気づかされました。

ということで、オーストラリアでウケそうなギャグ、小ネタ等を日々探しています。

ちなみに先日、ベジマイト(オーストラリアの有名な発酵食品)のCMソングを覚えて、歌いながらジャグリングをしたのですが、誰も知っている人がいませんでした。
どうやら50年位前のCMだったらしく、最近の子供はベジマイトが嫌いとのことでした。残念。
何か良いネタを持っている人がいたら是非教えてください。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

非公開コメント

エクストリーム芹川

北海道出身/1994年生/オーストラリア在住
2018年からブリスベンにてワーホリ中
ジャグリングを使ったバスキングの修行中
好きな言葉は「宇宙規模で考えれば点」
Twitter(@Exseri)/YouTube/About me