【まるでメンダコ】 オーストラリアの太陽 イエロースクワッシュ(Yellow Squash)を食べてみた

こんばんは。
エクストリーム芹川(@Exseri)です。

突然ですが、私は野菜が好きです。
オーストラリアには日本では見たことのない面白い野菜が沢山あります。
住み始めてから、色々な野菜に挑戦してきました。
(過去記事:オーストラリアの巨大ピーマンが美味しい!)

面白い野菜に出会うため、毎週マーケットによく足を運ぶのですが、こんな野菜を見つけてしまいました。

49610.jpg

イエロースクワッシュ/Yellow Squash

まるでおもちゃのような見た目をしているこの野菜。
太陽のようにも見えるし、UFOにも見えます。
とにかく可愛い。表と裏がどっちか分からないあたりが可愛い。

可愛い水生生物でおなじみのメンダコ的なオーラを醸し出しています。
でも、色だけで考えればダンゴウオの方が近いかもしれません。どっちでもいいですが。

あまりの愛嬌に惹かれて、なるべく形が左右対称で大きなものを1個お買い上げ。
金額はAUD 2.0 (約160円)でした。
オーストラリアのスーパーに売ってるレッドブルが1本約AUD 2.5なので、それより少し安いです。

49612.jpg
おそらく上から見た様子
49611.jpg
こっち側がそおらく下です。
49614.jpg
厚さはこんな感じ。コロコロしていて可愛い。肉厚ボディです。

手に持っているとなんだか落ち着きます。
健康器具の握るボールとかよりも良いかもしれません。


では、さっそく調理していきます。

愛着が湧いてしまい、断腸の思いで包丁を入れます。
49615.jpg

ぱかっ
49616.jpg

白身に小さい種が詰まっています。
この時に気が付きました。これは野菜です。少し青臭い匂いがします。
皮は薄いようなので、剥かずに食べることにします。

49617.jpg
焼いてみます。
油を持っていないのでそのまま熱したフライパンに乗せました。
海外のシェアハウスあるあるで、調理器具は基本的に汚いです。
色々な国の人が調理した後にちゃんと洗わなかったりして、油を敷かなくても油的な成分が染み出てくる気がします。

49618.jpg
焼き上がり。レモンみたい。
火が通っているのか良く分かりませんが、いただきます。

49619.jpg
食感はズッキーニです。
味はズッキーニより爽やかです。
きっとこれ単体で食べるのではなく、お肉の添え物として食べると良さそう。
天ぷらとかにしても美味しそうです。誰か天ぷらにしてください。


どうやらこのイエロースクワッシュという野菜は、ウリ科のペポかぼちゃの仲間らしいです。
ペポかぼちゃってなんだよという突っ込みは置いておき、パティパンスクワッシュ(pattypan squash)やブッシュスカロップスクワッシュ(bush scallop squash)という名称でもヒットしました。
ブッシュスカロップスクワッシュって早口言葉みたいですね。是非3回連続で言ってみてください。

日本ではあまり栽培されていないようですが、Amazonでが売っていました。
全国の農家の皆さん、是非栽培にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コメント

非公開コメント

エクストリーム芹川

北海道出身/1994年生/オーストラリア在住
2018年からブリスベンにてワーホリ中
ジャグリングを使ったバスキングの修行中
好きな言葉は「宇宙規模で考えれば点」
Twitter(@Exseri)/YouTube/About me