ブリスベンでバスキング!Part6「どれくらい稼げるの?」

現地で見つけた仕事を辞め、バスキングオンリーの生活を始めて約1か月が経過。

なんとか家賃(週$130)を滞納することなく生きています。

収入は全て記録しているので、その成果を報告します。


【バスキング成果(3月22日~4月30日)】

合計 $1,599.45(AUD) (約13万円)

ショー回数 69回
Max $92.95
Min $0.75(実質ゼロの回も多数)

出動日数 26日
休日 13日


3月の段階では「これは無理だ」と思っていましたが、なんとかなりました。
観客の集め方、見せ方、投げ銭の貰い方。工夫と改善の毎日です。

今のところ、約15分のショーを1日数回行っています。
調子が悪い日は2,3回で帰って、調子が良い日は7回ぶっ続けでやっていました。

最初の頃は観客を集められず、せっかく集めてもすぐ逃がしてしまっている状態で辛かった。
「こう言えたらもっと面白いのに!」という場面ばかりで、ボキャブラリーの不足を実感。
技に失敗したときはとりえあず「Holy shit!」と言えばウケることが分かった。

1番ウケたのは、子供に投げてもらったクラブが股間に直撃したときだった。
いきなりトマホークを投げてくる観客はたまにいるけど、まさかバウンスさせてくるとは。
観客全員が笑っていたが、私はリアルに痛がっていた。ノンバーバル。

天気が悪かったり、気分が乗らなかったら休んでいたので、思ったより休日が多かった。
自由に休めるって素晴らしい。人間これくらいの休暇が必要なのかもしれない。
休みの日はカフェで勉強したり、練習したり、ホームセンターに入り浸っていた。
これからは月100回を目指していきたいところ。もっとストイックになろう。

嬉しいことに、日本人の方にも沢山見てもらっている。
自分の知らないところでInstagramに画像が乗っていたり、
「ジャグリングの人だ!」とか「ヤバイ髪形の人だ!」と声を掛けてもらったことも。
SNS上ではエクストリーム芹川なので、弘樹で検索してもなかなかヒットしないらしい。
april.png
語学学校が一緒だったタイ人に撮ってもらった写真。
ダイソーで買ってきたスタンドでローラーバランスが少し高くなった。

コメント

非公開コメント

エクストリーム芹川

北海道出身/1994年生/オーストラリア在住
2018年からブリスベンにてワーホリ中
ジャグリングを使ったバスキングの修行中
好きな言葉は「宇宙規模で考えれば点」
Twitter(@Exseri)/YouTube/About me